2019/05/28

自宅の HomeKit 化計画(3)

画像

前回前々回 と書いてきた自宅の HomeKit 化計画も一応今回で終わるはず。最後の予定の今回は、HomeKit を使ってる中でテレビの入力ソースを Apple TV と PS4 と切り替える話。

まず最初に補足

大前提として、自宅の Apple TV と PS4 は常に電源が入ってる。あと自宅のテレビは Apple TV と PS4 の入力ソースを切り替えるだけで、他の入力ソース(テレビ本体のチューナーは使っていなくて、地上波や衛星を見るときは PS4 の torne 経由)は使ってない。

Case 3 : PS4

上に書いたような前提条件下なので、Apple TV と PS4 の切り替えは単純に必要回数分の入力ソース切り替えの信号をテレビに送ってるだけ。

唯一特殊なケースとしては、テレビ自体の電源が入っていない場合は、入力ソース切り替えの前にテレビの電源を入れる信号を送ってる。あと複数の赤外線信号をテレビに連続して送るのは信号を正しく把握できなさそうなので、数秒おきに送るようにしている・・・くらい?

Case 3 : PS4 - HomeKit で PS4 の電源を切る操作をした場合

この場合は Apple TV に入力ソースが切り替わる。

Case 3 : PS4 - HomeKit で PS4 が ON の状態でテレビを OFF にした場合

この場合はテレビだけ OFF になって、HomeKit 上では PS4 の電源は入っている、って扱い。この状態で HomeKit 側で PS4 の電源操作をするとなんだかサーバーにある状態と乖離が出てしまいそうだけど、基本的にそこは運用でカバーしている感じ。

メインのセットトップボックスはあくまで Apple TV で、PS4 を使うのはテレビを見るときか(たまーに)ゲームをするときくらいなので。

本当は HomeKit 上で PS4 が ON の状態の時にテレビの OFF 操作をしたら、入力ソースを Apple TV に戻してからテレビの電源を切って、PS4 も OFF にした方がいいのかもしれないけど・・・めんどくさい。

最後におまけ : ベッドサイドの照明

最後にちょっとだけおまけ。

Homebridge とは全く関係なくてただの HomeKit のオートメーションを使っての話なんだけど、ベッドサイドの照明をつけたとき(もしくはシーンでベッドサイドの照明がついたとき)には他の照明は全部消して、テレビの電源も切るように設定してる。ベッドサイドの照明をつけたとき=寝る直前なので、それで全く問題がない。

むしろいちいち全部の照明消したりとか専用のシーンを作るより、こっちの方が確実なので。

本音を言うとスピーカーとしてでなく部屋のどこから呼んでも確実に機能してくれる Siri さんとして、HomePod 早く来い来い・・・って感じです。

Tech
カテゴリ "Tech" の最近の記事。

About
nobu's homepage について

nobu's homepageサトウノブユキが自らのウェブ上でのアクティブな情報発信をひっそりと行うために運営している個人サイトです。Voice では自由な意見や各種レビュー、ニュース等を発信しています。趣味の写真のお気に入りは PhotosPhoto Journal で配信しています。

Biography
自己紹介。略歴程度。

1984年4月17日、新潟県新潟市(現中央区)出身、東京都在住。現職は 株式会社取締役、クリエイティブディレクター。本名は漢字で佐藤信之(大好きだったじーちゃんからもらった大切な名前)だけど、普段は堅苦しいからサトウノブユキってカタカナ表記を使ってる。気まぐれで Anonyz を作ったりしてる人。トレードマークになってるピンクや赤の髪の毛はサトウって苗字がありふれ過ぎているかが故に識別子として、が最初の理由。

Copyright © 2019 s.nobu All rights reserved.