2019/09/02

HomePod

画像

この記事で音声アシスタント云々の話を書いてちょっとだけ酷評してたんだけど。まあ HomePod はちゃんと手に入れました。そもそもうちに Google Home があるのは、HomePod が日本になかなか来なくて痺れを切らして・・・みたいなところもあったわけで。

Google Home と HomePod

OK, Google って言ってないのに部屋のいろんな音に誤反応することが結構多くて、最近ちょっと苛立ってたので Google Home は電源を抜いて冬眠生活に入っていただきました。

ただ正直に書くと、たぶん家族で暮らしているとかでスマートスピーカーの音声アシスタントにいろいろお仕事してもらいたい人は Google Home の方が全然いいと思う。個人の声も識別するし。

エコシステムの中で暮らしている人

HomePod は今後もスマートスピーカーのカテゴリーの中では決してマジョリティになることはないんだろうなーとは思うけど、個人的にはこっちの方がやっぱりしっくりくる。そもそも Apple のエコシステムの中でずっと暮らしているからってのが大きいんだろうけど。

電話は iPhone(最近また開発用に Android を手元に置くようになったけど、常用する気にはなかなかならない) だし仕事用マシンは Mac だしプライベートでは iPad だし、もちろん音楽は Apple Music 使ってるし。Apple Music のライブラリにはそれこそ中学生〜高校生くらいの頃にリッピングした音源(特にオンラインの音楽サービスで提供されていない昔の CD の音源とか結構貴重なのもある)とかもいーっぱい入っていて、それを20年近くずーっと使ってきているわけで、今更他の音楽サービスに乗り換えるの面倒だし・・・。

そこら中でレビュー出てるけど、音は本当にいいと思う。音楽も気持ちよくなるし、音の密度が濃いおかげで小さいボリュームで流していても気持ちよく聴こえるし。

あとうちはホームシアター的な設備はないけど、もちろん Apple TV で映画をみたりはするわけで、AirPlay で HomePod で再生にしたら臨場感?がすごく増してよかった。Netflix とかでも試してみたけどいい感じだった。巷では2台構成がオススメなんて話もちらほら見かけるけど、自分個人的にはそこまでするほどでもないかなと。1台でも充分。

Siri さん、HomeKit、その他いろいろ

Google Home を買った時に感動したのが部屋のどこにいても音声アシスタントが答えてくれることだった。iPhone とかは Hey Siri を有効にしていても、iPhone に向かって話しかけないと反応しなかったから。その Siri さんが部屋のどこにいても反応してくれるのは本当にうれしい。結構自分は Siri 中毒なんですよ。

自宅の場合は HomeKit 環境 も結構ガチで作っているから、やっぱりその HomeKit 関連の操作の選択肢として Siri がいつでも使えるのはありがたい。

HomePod が届いてから試してみていることがあって、音楽をテキトーに Siri 任せでかけてもらって、好きな曲とかそんなに聴きたいと思わない曲とかを Siri さんに暇を見つけては伝えるようにしている。この部分がどうやって育っていくのか、ちょっと期待している。

あとは HomePod が radiko.jp に対応してくれたらもう最高なんだけどなー。まあ期待せずに・・・淡い期待だけ抱いて。

ちなみに自宅で仕事をしている時、普段は HomePod で音楽を流していて、集中モード(特に集中モードで仕事してる時にゆずさんが鳴いている時)の時は相変わらず AirPods です。

Gadget
カテゴリ "Gadget" の最近の記事。

About
nobu's homepage について

nobu's homepageサトウノブユキが自らのウェブ上でのアクティブな情報発信をひっそりと行うために運営している個人サイトです。Voice では自由な意見や各種レビュー、ニュース等を発信しています。趣味の写真のお気に入りは PhotosPhoto Journal で配信しています。

Biography
自己紹介。略歴程度。

1984年4月17日、新潟県新潟市(現中央区)出身、東京都在住。現職は 株式会社取締役、クリエイティブディレクター。本名は漢字で佐藤信之(大好きだったじーちゃんからもらった大切な名前)だけど、普段は堅苦しいからサトウノブユキってカタカナ表記を使ってる。気まぐれで Anonyz を作ったりしてる人。トレードマークになってるピンクや赤の髪の毛はサトウって苗字がありふれ過ぎているかが故に識別子として、が最初の理由。

Copyright © 2019 s.nobu All rights reserved.