January 14, 2019

Apple Watch と iPod と Apple Music

Anonyz ニュース 見てたら見つけたんだけど、CES で こんなの が出てたみたい。ざっくり言えば Apple Watch を古き良き iPod みたいに・・・なただのシリコン製ケース。

画像

多分・・・特におととしくらいからなんだけど、普段音楽聴くときはほとんど Apple Watch 使ってます。iPhone とか iPad とか Mac とかいろいろ広げてても Apple Watch。

そんなわけで今回のタイトル「Apple Watch と iPod と Apple Music」です。

iPod(Apple Music) on iPhone

タッチ操作は偉大っちゃ偉大なんだけど、膨大な音楽ライブラリの中から好きな曲選択するのにスワイプはなんか昔(それこそ iPhone 3G とかの本当に最初の頃)から違和感があって・・・学生の頃、2000年代前半とかはあんなに携帯電話と iPod が一体化しちゃえばいいのにって思ってたくせに、実際一体化すると微妙な違和感。

でも iPhone が出た頃は今ほど違和感が大きくなかった。

さて、なんで今 iPhone のミュージックとかですごい違和感が大きいのかって考えてみると、UI/UX なところに行き着いたのです。Apple Music はサービスとしては便利なんだけど、ミュージックアプリ(ソフトウェア)の中でそのウェイトがでかすぎて、目立ちすぎて、自分のプライベートなライブラリにアクセスしづらい。

あと1000を超えるようなリストをスワイプで操作するのも操作しづらい。古き良き iPod の時のようなクリックウィール的なもの(ハードウェア)の方がしっかりクリック感があって操作しやすかった(個人的に)。

Music on Apple Watch

Apple Watch のミュージックアプリは画面の制約もあってか Apple Music の普段必要ないお知らせ的なものがなくて、基本的にはライブラリに一直線。まずそこがお気に入りポイントひとつめ。

お気に入りポイントの二つめはデジタルクラウンでリストからアイテムを選択するのが、昔のクリックウィールと似たような体験だってこと。特に Apple Watch が Series 4 になってデジタルクラウン自体にクリック感が出たのもいい方向に影響してる。

ただしライブラリにない音楽を探したりすることは Apple Watch ではできない。ただ逆にそれがシンプルでいい。

Apple Music 登場以前は音楽を探すのは iTunes Store、ミュージックアプリはプレイヤーって線引きがあったけど、Apple Music 登場後はその線引きがうすらぼんやり。で、昔の iTunes と今の iTunes が全く別物になっちゃったように、iPhone のミュージックも別物になっちゃった。

そういう意味で、Apple Watch のミュージックはプレイヤーに徹してるから使いやすいんだろうな。

最後におまけ) Radio も好き

Apple Watch では Radio もよく使ってる。特に作業BGMとしてジャズなんかいつも流してる。

本当はメタルとか大好きなんだけど、それ流してると気が音楽の方に行っちゃって仕事とか作業に集中できなくなっちゃうから、基本はジャズ系かピアノ系のステーションを流してます。

Voice
Articles related to theme of this article.

Biography
Introduction.

Born in Niigata pref, Japan, on April 17th, 1984. Living in Tokyo. Currently working at a company called "Atotok Inc" as a creative director.

I'm the one who creates Anonyz whimsically. Pink and red hair is identify of mine whose family name is "Sato" that is very common in Japan, like Steve in the U.S.

This website is where Nobuyuki Sato writes articles or shares photos and so on. Language used in contents on this website are English or Japanese. On Voice, publishing my thoughts, news, product reviews and so on. On Photos, sharing photos I shooted as my hobby.