2020/05/05

学生時代のガジェット事情 (1) - 大学生の頃のコンピュータ環境

画像

自分が大学生の頃のコンピュータの話を書き残しておこうと思い立った。

当時使ってたのは iBook G4 だったかな。今考えてみると笑っちゃうんだけど、重さが2kg を軽く超えているわ、バッテリーで動くのもせいぜい2時間ちょっととかで(もちろん公称値はもう少し長いけど) 1日外で使おうと思ったら AC アダプターを持ち歩くのも必須だったな。

本当は PowerBook G4 の12インチが欲しかったんだけど、ちょっと当時の自分には高くて買えなくて・・・。

iBook G4 を買いに行った日のこと

買いに行った日のことはよーく覚えてる。本当は eMac を買うつもりでお店に行ったのに、なんかデスクトップじゃなくてラップトップが欲しくなって、結局 eMac はほとんどスルーで気がつけば iBook G4 にするか PowerBook G4 にするかで店頭で延々と数時間悩んだんだ。

eMac 買うつもりだったから予算は10万円くらい、iBook G4 が10万円+αくらいの値段だったんだけど、いつからか本命としてロックオンしちゃった PowerBook G4 は20万円コース。

まあ延々と悶々と悩んだんだけど、それは自分に「PowerBook G4 は買えない」ってことを納得させるための時間だったわけですね。冷静になって振り返ってみると。

iBook G4 に AirH" を USB に刺したり

その当時、外で Mac を使うのに AirH" 使ってたなぁ。64kbps とかだった気が。今じゃ考えられない回線スピードだよなぁ。大学も今と違って Wi-Fi なんて気の利いたものは飛んでなくて、大学の回線でネットしたかったら LAN ケーブルを刺さなきゃいけない時代。でもまあ大学では実習室とか研究室に PowerMac G4 とかがあったから、課題だったりで重めのことをやる時は自分の iBook じゃなくて実習室のマシンを使ってたな。データは USB メモリーに保存しておいて。

自分が今、現役の大学生だったら iPad Pro + Magic Keyboard を持ち歩いてそう。当時、iBook でやっていたことは今はほぼ iPad Pro でできちゃうし。いいなー、今の時代の大学生。

大学生の頃のカバン

カバンは無印のトートを使ってました。結構ボロボロになるまで。

その中に iBook や教材、文房具とか画材とかを入れて、ポケットには財布とケータイ。そういや当時、自分は iPod はどこに入れて使ってたのか・・・考えてみたけど思い出せない。使ってた iPod が第3世代なのは覚えてる・・・というか今でも持ってるんだけど。ちなみに iPod に関していえば、初代 iPod nano はキーノート見てて速攻で注文して、それ以降はしばらく白の nano を使ってました。あの筐体デザインを手放したくないから、バッテリー爆発プログラムが何年か後に出た後はひっそりとオブジェになってます。

大学生の頃の腕時計

はい。今は Apple Watch をずーっとつけてますが、大学生の頃は腕時計してませんでした。理由はちゃんとあって、ピザ屋さんでピザ作る(生地を伸ばす)のに邪魔になるから。

なので大学生の頃までは時計=ケータイの時計、でした。

そしてその頃の反動で今は腕時計が大好き。

思い出したことをちらほらと・・・

こんな感じで思い出したことをちょっと書き残しておくのも悪くないな。

ピザ屋さん時代のリスクヘッジの話とか、実は書いてみようかなーってネタがいくつかあったりするんだけど、読める文章としてまとまったら、ここに投稿してみることにする。

Voice
この記事と似たテーマの最近の記事。

Biography
自己紹介。略歴程度。

1984年4月17日、新潟県新潟市(現中央区)出身、東京都在住。現職は 株式会社取締役、クリエイティブディレクター。本名は漢字で佐藤信之(大好きだったじーちゃんからもらった大切な名前)だけど、普段は堅苦しいからサトウノブユキってカタカナ表記を使ってる。気まぐれで Anonyz を作ったりしてる人。トレードマークになってるピンクや赤の髪の毛はサトウって苗字がありふれ過ぎているかが故に識別子として、が最初の理由。

About
nobu's homepage について

nobu's homepageサトウノブユキが自らのウェブ上でのアクティブな情報発信をひっそりと行うために運営している個人サイトです。Voice では自由な意見や各種レビュー、ニュース等を発信しています。趣味の写真のお気に入りは Photos で配信しています。ただしここで配信、掲載している内容は個人のものであり、所属する組織やあらゆる団体の見解を代表するものではありません。

Copyright © 2018-2020 s.nobu All rights reserved.