2019/07/05

iPad Pro にペーパーライクフィルムを貼ったら画面保護だけじゃなくて汚れも目立たない上に触り心地もよくなった件

画像

第2世代の Apple Pencil はかなり気に入って使っていて、先月くらいに思い切ってペーパーライクフィルムを試しに貼ってみた。iPad は初代から使っているけど、実は保護フィルム貼るのはその初代以来。第2世代以降はずっと裸で使っていたので。

ケント紙タイプ、触り心地がすごいよくなった

フィルム表面のざらつきがケント紙タイプとか上質紙タイプとかあったんだけど、個人的に昔からケント紙自体の触り心地って好きだったからケント紙タイプにしてみた。どこのブランドのかちゃんと覚えてないけど、たぶんエレコムのやつ。

ちなみに Face ID 搭載の iPad Pro は発売開始直後に保護フィルムを貼ると Face ID が正しく機能しなかったりとかが一部で一悶着あったらしくて、自分の買ったやつは Face ID 部分が切り抜かれているタイプだった。

ザラザラとした触り心地も個人的には好きな感じ。

画面の指紋汚れが目立たなくなった

一応 iPad って公式に指紋汚れが目立たないですよーみたいなことを謳ってるとは思うんだけど、自分がタバコを吸った手でいつもいじっているからか、裸の状態で使っていると指紋汚れは結構目立ってた。

それがザラザラしててノングレアなペーパーライクフィルムを貼ったら、指紋汚れがほぼ気にならないレベルになった。ただしこれは体感に個人差があるとは思うけど・・・少なくとも自分個人的には全く気にならないレベル。

Apple Pencil を使う時の描き心地

そしてペーパーライクフィルム本来の売りである Apple Pencil を使った時の描き心地。これも Pencil を走らせる時に適度な抵抗があってすばらしい。画面に直接スタイラスを使って描くことにもともと慣れている人はペーパーライクフィルムなんてなくても違和感ないのかもしれないけど、自分はどうしても画面のツルツルしたところにペンを走らせた時に小さな違和感がいつもあったので・・・。

iPadOS でページ全体のスクリーンショットとか文章全体のスクリーンショットに対して手書きできるようになるので、少しずつこういう違和感が減っていくのはうれしいなぁ。

Voice
この記事と似たテーマの最近の記事。

Biography
Introduction

Born in Niigata pref, Japan, on April 17th, 1984. Lives in Tokyo. Currently work at a company called "Atotok Inc" as a creative director.

I'm the one who create Anonyz whimsically. Pink and red hair is identify of mine whose family name is "Sato" that is very common in Japan, like Steve in the U.S.


1984年4月17日、新潟県新潟市(現中央区)出身、東京都在住。現職は 株式会社取締役、クリエイティブディレクター。本名は漢字で佐藤信之(大好きだったじーちゃんからもらった大切な名前)だけど、普段は堅苦しいからサトウノブユキってカタカナ表記を使ってる。気まぐれで Anonyz を作ったりしてる人。トレードマークになってるピンクや赤の髪の毛はサトウって苗字がありふれ過ぎているかが故に識別子として、が最初の理由。

About
What is nobu's homepage ?

nobu's homepage is the website where Nobuyuki Sato write articles or share photos and so on. Language used in contents on this website are English or Japanese. On Voice, publishing my thoughts, news, product review and so on. On Photos, share photos I shooted as my hobby.


nobu's homepageサトウノブユキが自らのウェブ上でのアクティブな情報発信をひっそりと行うために運営している個人サイトです。Voice では自由な意見や各種レビュー、ニュース等を発信しています。趣味の写真のお気に入りは Photos で配信しています。ただしここで配信、掲載している内容は個人のものであり、所属する組織やあらゆる団体の見解を代表するものではありません。

Copyright © 2018-2020 s.nobu All rights reserved.